資生堂薬品 最大87%オフ 【メーカー直送】 ピンプリットN 18g 第2類医薬品

資生堂薬品 ピンプリットN 18g (第2類医薬品)

資生堂薬品,552円,dofospring.com,/gamble714711.html,(第2類医薬品),ピンプリットN,18g,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 皮膚の薬 , 第二類医薬品 552円 資生堂薬品 ピンプリットN 18g (第2類医薬品) 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 皮膚の薬 第二類医薬品 552円 資生堂薬品 ピンプリットN 18g (第2類医薬品) 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 皮膚の薬 第二類医薬品 資生堂薬品 最大87%オフ! ピンプリットN 18g 第2類医薬品 資生堂薬品 最大87%オフ! ピンプリットN 18g 第2類医薬品 資生堂薬品,552円,dofospring.com,/gamble714711.html,(第2類医薬品),ピンプリットN,18g,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 皮膚の薬 , 第二類医薬品

552円

資生堂薬品 ピンプリットN 18g (第2類医薬品)




◆商品説明
にきびを3ステップの作用で治療
(1)開口:角質をやわらかくし、つまった毛穴を開き、皮脂の分泌をスムーズにします。
(2)消炎:炎症をおさえ、患部の赤み・はれをやわらげます。
(3)殺菌:にきびの炎症や化膿の原因となるアクネ菌などの細菌をおさえます。
◆効能効果
にきび

◆用法用量
1日1~3回、適量を患部に塗布してください。

◆成分(1g中)
イオウ:40mg、レゾルシン:20mg、酸化亜鉛:20mg、グリチルレチン酸:3mg※添加物:ゲラニオール、エタノール、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、マクロゴール、タルク、カオリン、三二酸化鉄、酸化鉄、乳酸、ベントナイト

◆使用上の注意
●相談すること
1.次の人は、使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療をうけている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状をおこしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)湿潤やただれのひどい人
(6)深い傷やひどいやけどの人
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
・皮膚:発疹、発赤、かゆみ
(2)5~6日間使用しても、症状がよくならない場合

◆保管および取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(5)ご使用後は、チューブの口元をきれいにふいた後、しっかりキャップをしめて保管してください。

◆お問い合わせ先
資生堂薬品株式会社 お客さま窓口
住所:東京都中央区銀座7-5-5
電話:03-3573-6673
受付時間:9:30~17:00(土、日、祝日を除く)

資生堂薬品 ピンプリットN 18g (第2類医薬品)

「今日の臨床サポートⓇ」6つのポイント

わが国の臨床現場に最適化した
意思決定支援ツール

臨床現場における迅速な意思決定を支える、検索機能、簡潔な記述、読みやすいレイアウト。情報入手にかかる時間の削減。

エビデンスベース

国内外のガイドラインやエビデンスを徹底的にレビューし、引用文献を明示。同等の検査・治療が複数存在する場合、有効性だけではなく患者への負担等も考慮した上で優先順位づけ。

最新の情報

国内外ガイドラインの更新、重要なエビデンスの発表、新薬の承認などを編集部が毎日モニターし、タイムリーにアップデート。

多職種で利用可能

医師、看護師、メディカルスタッフなど職種間の知識共有により、タスクシフティングに貢献。

いつでもどこでも

電カルはもちろん、パソコン、スマートフォン、タブレットからいつでもどこでもアクセス。

Made in Japan

国内の各分野を代表する1,400人の臨床医による書き下ろし。国内の適応症・用法用量に基づいた処方例をはじめ、わが国の医療制度に準じた記述。

日常の診療を十分に網羅する豊富な情報を収載

① 各臨床レビューのトップには、概要と格付け済の推奨が簡潔にまとまっており、必要な情報を素早く確認することができます。
② マークをクリックすると、診断や治療の大まかな流れをフローチャートで素早く確認することができます。
③ マウスオーバーで薬剤情報と処方に関する要注意情報を参照できます。 ( 腎:腎機能低下の患者、 肝:肝機能低下の患者、 妊:妊娠中の患者、 乳:授乳中の患者、 児:小児患者 ) クリックすると薬剤情報にリンクします。ジェネリックを含む全ての治療薬情報や添付文書が参照可能。 全ての治療薬情報は毎月更新します。

診断アルゴリズム

意思決定のフローが一目で理解できる豊富な「診断アルゴリズム」を収載しています。

約1,300の検査情報

約1,300の検査情報を収載。診療報酬点数情報や臨床検査意義も参照可能です。

エビデンスリスト

PubMedへのリンクも付いた、推奨度付きエビデンスリストが参照可能です。

ジェネリックを含む約22,000の治療薬情報

約22,000の治療薬情報は毎月更新されます。約14,000の添付文書もPDFで参照可能です。

診療報酬点数情報

最新の診療報酬点数情報が参照可能です。

患者向け説明資料

各疾患に関する患者向け説明資料を1ページにまとめています。

プリントアウトして患者さんにお渡し頂けます。